FC2ブログ
BLゲーム『鬼畜眼鏡』の須原秋紀をメインとしたブログサイトです。 ゲームの性質上18歳未満の方、ゲームの内容をご存知でない方の観覧はご遠慮願います。 気分を害されても一切責任は取れません。
http://tidemoonshadow.blog24.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 web拍手
別窓 | スポンサー広告  
2009-06-12 Fri 19:04

BLゲーム『鬼畜眼鏡』の二次創作です。
ゲームの性質上、18歳未満の方の観覧、ゲームの内容をご存知でない方の観覧はご遠慮願います。



繋がってないですが、両方秋紀が救われません。

超観覧注意!ベッド!!


 









「あっ!…あっ!!あぁっ!!」

この痛みはいつか幸福な快楽に変わる。
勢いよく振るわれた鞭が渇いた音と共に僕の身体に赤い痕を残す。
何度も、何度も…。

目が覚めると僕は独りベッドに横たわっていて、身体がぢくぢくと痛む。
全身に付けられた赤く腫れ上がった痕は僕が克哉さんに愛されてる証だった。
幸せな…筈なのに…求める人は隣にいなくて哀しくなって泣きじゃくった。

「秋紀どうした?」

克哉さん…!僕は安堵して、ベッドから這い出るとよろよろと克哉さんの元へ向かった。

「身体が痛むのか?」

首を横に振って愛しい人の身体に触れる。

「克哉さん、僕を抱きしめて…」

克哉さんはときどき本当に優しい。
こうして僕の言うことをなんでも聞いてくれる。
僕は嬉しくて、溶けそうで、膝から崩れ落ちてそのまま泣き続けてしまった。

「じゃあ、なんで泣いてるんだ!」

上からイライラとした声が浴びせられる。

「わかっない…よっ…。かつ…やさっ…スキっなの…」
「フンッ」

そのまま克哉さんは僕を放って部屋を出ていってしまった。
この痛みはいつか幸福な快楽に…変わるのだ。

もしかしたら僕は愛されてないのかもしれない。
ううん、最初から愛なんてなかったのかも…
でも、それでも克哉さんが僕を捨てないでいてくれるから、僕にはまだここにいていい理由があるんだって信じてる。
それがどんな理由だっていい。
克哉さんが鞭を振るう限りは、僕はまだその鞭を受けることができるんだから。

この痛みはいつか幸福な快楽に……








「――っ! ――っ!クッ!!」

克哉さんは抱いている最中、僕を別の人の名前で呼ぶ。
僕はその人の顔も知らない。

その人と克哉さんが結ばれたら、僕は捨てられちゃうのかな。
僕はつなぎなんだとは思ってたけど…
その人が克哉さんのこと好きにならないといいなって考えちゃうよ。
きっとそんなの無理だけど。

ねえ克哉さん、その人と僕は似てるの?
だから僕を選んでくれたのかな。
だったら僕はこの容姿に産まれてきて心からよかったって思うよ。

その人と克哉さんが付き合うことになっても、僕を傍に置いてほしいなって思うよ。
何処か遠くを見てる目をみつめながら、今夜もそう願うの…





※このままではあんまりだったので、急遽①のアンサーとして付けたしてみました




ピシッ ピシッ ピシッ

渇いた音と共に赤い花が咲く。
幾つも、幾つも…。

目覚めると隣でいつものように眠っている。
その全身に付けられた赤い痕は痛々しく腫れ上がっていて
いたたまれなくなって俺はベッドから抜け出す。
止められないのだ。
俺が勢いよく振るった鞭は秋紀の真っ白な身体に真っ赤な傷を付ける。
秋紀が…秋紀の声が聞けるから、俺は何度も鞭を打つ。
痛いのだろうに…痛みに堪えて声を上げながら鞭を受ける様は、まるで俺を受け入れてくれているみたいだった。

ぎゃあ、と秋紀の泣き声が聞こえて慌てて部屋に戻ると、俺の顔を見て秋紀は安堵の表情を浮かべた。
傷が痛むのだろうか。
罪悪感でいっぱいで、恐る恐る傷だらけの身体を抱きしめる。
しかしそれでも秋紀は泣き止まなくて俺はイライラと怒鳴り付けてしまう。
どうしたらいいんだ!!

どうしたらいいかわからなくて、俺はそのまま逃げた。
愛し方なんて誰も教えてくれなかった。
ただ、秋紀が俺の元から逃げないでいてくれるから、俺はまだ自分を保っていられる。
到底他人を理解することなんてできない。
でも、傷を付ける度に秋紀の声が聞けるから、俺を受け入れてくれるから、俺は心から安心できて…
安らぎが得たくてまた俺は鞭を振るう。



※逃げることが秋紀を傷つけることになってるなんて気付く余裕もない眼鏡。





スポンサーサイト

 web拍手
別窓 | 短編 | コメント:1 | トラックバック:0 
<<6月だし~ | 月夜のお散歩 | 未プレイの私が勝手に考察?>>
この記事のコメント
no.34:
ギャグに頭が傾いてたら反動で久々の悲劇に…
メガアキは唐突にこういうのやりたくなる。
無印飼い猫ENDのBAD想定です。BESTのBAD。
このアキは何があっても克哉の元を離れないと思うので。

①この時点では何故克哉がアキを置いているのかわからない感じ。鞭を振るうのはアキをためすためか?欲望を満たすためか?
執着=愛に似た何か とアキは信じてる。いつかこの愛情が克哉に伝わるのだと信じてる。
書きながら泣けてきた。

②続きではないのですが、悲劇つなぎで。
上の理由のひとつの可能性としてつなぎ、身代わりというのを想定してみました。
これもかなり辛いし、アキ健気過ぎる…

あー少しはカッコイイ眼鏡が書けたらいいのに!!
2009-06-11 Thu 23:17 | URL | 伊緒 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月夜のお散歩 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。