FC2ブログ
BLゲーム『鬼畜眼鏡』の須原秋紀をメインとしたブログサイトです。 ゲームの性質上18歳未満の方、ゲームの内容をご存知でない方の観覧はご遠慮願います。 気分を害されても一切責任は取れません。
http://tidemoonshadow.blog24.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 web拍手
別窓 | スポンサー広告  
という夢を見たんだ
2011-10-22 Sat 19:31
というお話。

皆様、大変ご無沙汰しております。
当blogギリギリ管理人 立待伊緒でございます。
前回の雑記に拍手いただきまして、誠にありがとうございました。
遅くなって申し訳ありません!!



毎日アキちゃん妄想してたら
ついにアキちゃんが夢にでてきてくれました、愛してるヽ(´□`)/
何てったってもうすぐアキちゃんバースデーですものね!!
アキちゃんに呼ばれたんだ~と思って超久しぶりに雑記更新させていただきます。すみません。
秋紀様お赦しくださいorz


飼い猫のままずっと生活を共にしている秋紀と克哉。
しかもCDのような良いカタチの飼い猫ではなくて、軟禁状態でもなくて、ただただ無関心の克哉。
しかし、ついにその心を溶かし、秋紀を受け入れるという内容でした。
いい話や……
そこからの妄想↓↓↓放し飼い子猫




克哉さんは僕のご主人様。
それで僕は克哉さんのペット。

初めて出逢って、結ばれたその日から貴方のことが忘れられなくて
どんなに逃げられても貴方を追い掛けた。
そしてようやく僕を側に置いてくれた、世界中の誰より大好きな僕のご主人様。

「僕を飼い猫にして!」
僕の大告白の答えは
「勝手にすればいい」

これってOKって意味かな?
でもそれから僕がどれだけ克哉さんを追い掛けても、克哉さんと一緒にいても、
克哉さんは何も言わなくなったから。
これって僕は克哉さんの飼い猫ってことだよね!

追い掛けて、追い掛けて、ようやく手に入れた僕のご主人様だから、
僕は絶対に克哉さんの側から離れたくないんだ。
ここが僕の居場所なんだ。



今だって克哉さんの部屋で、克哉さんと二人で生活してる。
でも普段、僕等の間に会話ってあまりない。
僕は飼い猫だから、しょうがないのかな?
僕が側にいても克哉さんは嫌がることは何も言わない。
でもきっと、僕が側にいなくても何も言わない。
僕ここにいていいんだよね、克哉さん?
僕貴方の側にいられれば、他に何もいらないよ。



二人で一緒に食事をする時間。
穏やかで幸福な時間。そのはず。
克哉さんは何も言わず二人分の食事を用意してくれる。
僕等はそれを一緒に食べる。
貴方が食事している姿を見られるのは僕はとても嬉しいんだけど、克哉さんはどうかな?
きっと興味ないよね。
でも他愛ない僕の話を、そうか……って静かに聞いてくれて、僕本当に嬉しいよ。



「ねえ、克哉さん聞いて!僕学校でね……」
僕が学校に行こうと行かまいと、克哉さんは何も言わない。
でもこの家にいて何をやってみても克哉さんの興味を引く方法がみつからなかったから、
僕は学校に行くことにしたんだ!
前に勉強がんばったら克哉さん褒めてくれたんだ!
「そうか………がんばったな」
僕がどれだけ嬉しかったかわかる?
だから勉強がんばるんだ!!
そして、ついに……



「ねえ、克哉さん見て!信じられる?僕学校で一番取ったんだよ!!」
信じられない、まともに学校にいってなかったあの僕が!
勉強が克哉さんの興味を引く唯一の方法だったから。
成績表をまじまじと見て克哉さんが僕に興味を示してくれてる。
嬉しい。僕勉強がんばってよかった!
でもそれだけじゃなくて……

「よくがんばったな……秋紀。」
そう言って克哉さんは僕の頭を撫でてくれた。
きっと他の人にはそれだけのことだろう。
でも僕にはそれはとっても特別なことで……涙が溢れて止まらなかった。

「秋紀……」
さらに克哉さんは泣きじゃくる僕を優しく抱きしめてくれた。
思いがけないことに僕の想いはもう止められなくて
「克哉さん、だいすき……です」
「秋紀っ……秋紀っ……」
何度も名前を呼ばれて、キスされた。
それだけでもう、僕は死んじゃってもいいと思った。



その日から、いつものペットみたいにじゃなくて
恋人みたいに愛された。
克哉さんから僕に話しかけてくれる、僕に触れてくれる。
克哉さん、やっぱり僕ここにいていいんだよね!

「どうして、克哉さん?僕が一番取ったから?」
「違うさ……」
一度きりのご褒美じゃない。
おまえはずっと俺の側にいろ。

これは命令じゃなくてお願いなんだって!

「おまえはすごいよ。」

今までにみたことない顔で克哉さんはもう一度僕の頭を撫でた。


―秋紀、おまえはすごいよ。
 おまえは俺の心をいつの間にか溶かしちまったんだ。
 それでもずっと素直になれなかった意地っ張りな俺を、
 ついに我慢できなくなる程、愛しくて堪らなくさせたんだから―

「愛してる。」

僕もう絶対に、克哉さんの側から離れないよ!
僕も世界で一番愛してる!!




スポンサーサイト

 web拍手
別窓 | ☆妄想のカタチ | コメント:0 | トラックバック:0 
<<パターン | 月夜のお散歩 | 今日の目標 1>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月夜のお散歩 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。