FC2ブログ
BLゲーム『鬼畜眼鏡』の須原秋紀をメインとしたブログサイトです。 ゲームの性質上18歳未満の方、ゲームの内容をご存知でない方の観覧はご遠慮願います。 気分を害されても一切責任は取れません。
http://tidemoonshadow.blog24.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 web拍手
別窓 | スポンサー広告  
Birthday song (3)
2009-11-29 Sun 15:55

BLゲーム『鬼畜眼鏡』の二次創作です。
ゲームの性質上、18歳未満の方の観覧、ゲームの内容をご存知でない方の観覧はご遠慮願います。


舞台は少し未来で、完全に本編から離れた設定でこの話は進んで行きます。
VFBの力だけを頼りに書きました。しかし太一は出てきません。というか誰も出てきません。
文章が大変ボヤボヤしてます。極力克哉の気持ちになって進めていただけると嬉しいです。

おまけ程度に。というか本当に蛇足







「お待たせー!!」

ライブ後の恒例らしいサークルの友人たちに囲まれてのあれこれを終えてようやく秋紀がやってきた。
「もういいのか?」
「うん!行こっ?」
ぐいっと腕を絡ませ早く早くと急かす。あまりにあっさりした態度に嬉しいやら呆れるやらだ。
俺と一緒にいるのが何より嬉しいのだと言っている様で…秋紀の場所で特別扱いされているのがなんとなく嬉しかった。

その後は二人で人並みに大学祭デートなどした。
勝手のわからない俺は秋紀の言うままにあちこちに連れて行かれ、久々の大学祭をこれでもかと言うくらい堪能したのだった。
出店でそう美味くもない食事をしたり、無理矢理占いの館に連れ込まれたり……
でも、今日くらいはいい。すべて秋紀の言うままに…

日も翳ってきた頃、後夜祭が始まるからと大きな広場に連れて来られた。
人が大勢集まる場所を避け、人気のない広場の後方。
賑やかに盛り上がるステージを秋紀は静かに見つめていた。
「………」
短く、せつない時間が流れた。
長い睫毛が震えたかと思うと秋紀は小さく呟いた。
「ねえ、克哉さん……ちゃんと届いた?」
「……ああ。」
冷え切った綺麗な手を掴んで答えると、秋紀は安心したように笑った。
誰も見てない。
もう外は暗い。
騒がしい学生たちを置き去りにして、俺たちは秘密の口付けをした。


「僕、帰っちゃおうかな…」

後夜祭ももう終わろうとする頃、俺の腕の中で暖まりながら秋紀が告げる。
これで大学祭は終わる。でもこのまま終わりなわけじゃない。
大学祭の後には一連の功労を労う打上げが存在するのだ。
打上げとはひとつのセレモニー的なもので、学生にとってはとても重要な意味があるだろう。
まして今回の大学祭は秋紀の集大成なのだから、余計に。
「行ってこい!」
「えっ?」
ポンッと俺は秋紀の背中を押してやった。
いきなり解放されて秋紀は戸惑っている。
「今日のために頑張ってきたんだろ?」
「…うん。」
「仲間と一緒に、大学祭最後まで楽しんでこい!」
無理はしていない、今度は心から俺は笑顔を送る。
「ありがとう、克哉さん。」
当たり前に広がっていく秋紀の交友関係。
嬉しくもあり、自分の知らない世界をどんどん広げていく秋紀に寂しくもあった。
でも俺はもう不安は感じない。たとえ“秋紀の場所”に俺がいなかったとしても、秋紀は必ず俺の元へ帰ってくる。
遠くで花火の音がした。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


日付も変わろうとする直前、打ち上げから秋紀が帰ってきた。
「ただいま。」
「ああ、おかえり。」
秋紀の手にはたくさんのラッピングされた袋。
それらをそそくさと部屋に片付けに行くのを見届けて、ふぅんと一人心を燃やす。
あれらが見劣りするほどのプレゼントを……と。
暖かい部屋に迎え入れた途端、あの頃より逞しくなった身体をあの頃と同じように抱きしめる。
「っ!!克哉さん!?」
今までも、それの何倍も長いこれからも、二人ならずっと一緒にいられる。
「まだ祝ってなかっただろ?」
こんなもんじゃ足りない。俺からのプレゼントは一生かけて贈り続けるから、覚悟しておけよ?

「秋紀、誕生日おめでとう。」

"Happy Birthday Dear Aki !!!  10.31.2009"



スポンサーサイト

 web拍手
別窓 | Greeting☆彡 | コメント:1 | トラックバック:0 
<<Greeting☆彡~イベントもの | 月夜のお散歩 | Birthday song (2)>>
この記事のコメント
no.41:
ようやく言える、秋紀ちゃんお誕生日おめでとう!!
なんでこんなに時間かかってしまったのか…
思っていることを文章で表現するのにとても苦労しました。
いつもは書きたくてぽかんと浮かんだことを浮かんだままに書いちゃうんですけど
今回こういうふうにしたいとか、ここでこう変わりたいとか、いっぱい考えてたら全く進まなくなってしまって。
本当、皆さん尊敬します!
思い出した!最初タイトルを"at your place"にしようと思ってました。
ここまで読んで下さって本当にありがとうございました!
2009-11-29 Sun 16:27 | URL | 伊緒 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月夜のお散歩 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。