FC2ブログ
BLゲーム『鬼畜眼鏡』の須原秋紀をメインとしたブログサイトです。 ゲームの性質上18歳未満の方、ゲームの内容をご存知でない方の観覧はご遠慮願います。 気分を害されても一切責任は取れません。
http://tidemoonshadow.blog24.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 web拍手
別窓 | スポンサー広告  
すずしや……
2009-09-09 Wed 23:56

なんだか涼しくなってきましたね。

ぷりちーあきにゃん、の妄想楽しいです。
でも妄想だけでこれは終わってしまいそう……
放送数日にして映画の内容を忘れ始めております。ヤバイです。


こういうお話どうかな~と思ってたのがあったんですが、ひとつ気になることができてしまったんで
ファンブックで確認してからまた妄想しようと思います!
面白いな~こうこうって考えてた奴が、もしこうだったら全然違うキャラで内容も違う妄想に傾いたんですよ!
ちっちゃいことで印象って変わるんだなって思いました。って大したことじゃないんですけどね!
あービジュアルファンブック楽しみです!!
10月1日ですねー!!


それに伴いやりたいなと思ったことが変わり、また変わり、変わり……
ちょっと全力でバカやろうかな、と思ってます。できないかもしれないから詳細は書きません~♪
ミドアキ妄想してたのに、ごめん御堂さん、ダイスキ!!←
“何故か”御堂さんが秋紀ちゃんを大好きっていう特殊設定が大事なんですよ!!
何故かはわからない!!萌の不思議!!


>>以下、唐突にアダルトなことについて書いてみようと思うので、不快な方は回避してください!!






はい~。実は勇気が要りますベッドシーンについてです!
未だ直接描写とか出来ないわたくしですが、きちめがで避けて通られないのがベッドシーン!
もしかしたら今後ゆる~くですがそういった描写のものも出来てくるかもしれないです。
キャッwてなっちゃう気持ちを抑えて、今日は大胆に秋紀ちゃんのラブシーンやその他について考えちゃうぞっ!←
※下品ですのでご注意ください





@眼鏡と秋紀ちゃんのラブシーン!(どきどき)
アキちゃんと言えば『哺乳瓶』!っていう印象を受けるんですけど如何ですか?
いきなりすいません。。。
初め、ちょwwwなんでwwwwって思っちゃったんですけど、これきちめがの通説でしょうか??
多分、仔猫→ミルク→哺乳瓶っていう克哉さんの発想だと思うんですけど!おい克哉!
克哉さんからすると受を征服している感じがして、支配しているという優越感に浸っていると思うんです。
でもそれって私のベストな萌ポイントとはちょっと違ってて…←喧嘩売ってませんすいません!!
同じ哺乳瓶でも例えば、メガホンみたいに相互に愛し合ってる感があればいいんですよ。
さらに突っ込んで言うと、攻の方が受の方を翻弄してるともっといい!←何言ってんの!!
あーーー恥ずかしい!!!ごめんなさい!!!
だってアキちゃんは年下だし可愛いし、眼鏡の魅力でもうメロメロにしてあげたらいいと思うんですよね!
既にメロメロですけどもっともっとこうわけわかんなくなりそうに可愛がってあげたらいいと思うんです!←だから何言ってる

でもそこはきちくめがね。鬼畜と名が付くからには相手を支配し尽さなければなりません。
ただね、眼鏡は別の方法で征服欲を満たしたらいいんじゃないかな!
相手を屈服させるんじゃなくて、快楽で屈服させちゃうと言うか、これ御堂さん方式ですね!えっ違う?
相手が自分によって好くなっているのを見て、征服欲を満たされ、自分も喜びを感じて欲しいです。
もちろん鬼畜な部分も必要ですから、そこは言葉責めと焦らしのターンですね!
どう、眼鏡?
って恥ずかしいことを書いてたら、別に通常パターンと変わらないんじゃ…て気がしてきました。。。


@秋紀ちゃんの格好に対しての眼鏡の反応
アキちゃんと言えば首輪に全裸ですが、←えっ
後コルセットとかね。家で裸にさせておくよりはいざって時に肌を見せた方がいい!!
ただの願望ですが……
眼鏡って秋紀の身体大好きじゃないですか??(スチル)
裸に“させる”のが大好きだと思うんですよ。で、ガン見。こら眼鏡!!
ベッドじゃ絶対すっぽんぽんにすると思うし。

それが何故かについて妄想したことがあって、うまくカタチには出来なかったんですけど私なりに考えてみました。
克哉(眼鏡)はとにかく秋紀の身体が大好き。
自分(大柄)より何もかも小さい所とか、滑らかな肌の触り心地とか、やわらかくて可愛いおしりとか(スチル)。
秋紀の若い身体に執着してる。←って書くとド変態ですけど!
それは克哉自身が初めて触れるものだから。
十代後半と言う青春の時期を閉じ込められて抑圧されて過ごしてきた克哉にとって
自分が経験できなかった、触れることが出来なかった姿が秋紀だった。
失った時間を取り戻すように秋紀に触れ、秋紀を感じる克哉。
だから秋紀の若い身体に執着し、秋紀の肌に触れたいと思う。秋紀が欲しいと思う。
秋紀の真っ白な肌っていうのはひとつのスイッチみたいなもので、克哉を一気に興奮させる。
早く全部脱がせてしまいたいと思うし、もっと近くで見たいと思う。
それは克哉自身も気が付いていない、無意識の理由から…

っていうとあるひとつの克哉を妄想しました。だからガン見w
『貴方がボクを選んだ理由』っていうタイトルをつけようとまで考えていたww
止めといてよかったですよね。ごめん、眼鏡。ド変態は私w
もしかしてお気づきの方がいたらすごいですが、例のノマアキと対っぽく同じ時期に考えてました。


スポンサーサイト

 web拍手
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<苦手 | 月夜のお散歩 | メモ>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月夜のお散歩 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。