FC2ブログ
BLゲーム『鬼畜眼鏡』の須原秋紀をメインとしたブログサイトです。 ゲームの性質上18歳未満の方、ゲームの内容をご存知でない方の観覧はご遠慮願います。 気分を害されても一切責任は取れません。
http://tidemoonshadow.blog24.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 web拍手
別窓 | スポンサー広告  
夏祭りの夜 SIDE M
2009-07-20 Mon 20:08

BLゲーム『鬼畜眼鏡』の二次創作です。
ゲームの性質上、18歳未満の方の観覧、ゲームの内容をご存知でない方の観覧はご遠慮願います。


海の日ということで、私なりの夏の王道を形にしてみました!ぐちゃぐちゃになってしまいました!!
初めてのみどかつ!





御堂は急遽予定を変更して自宅へ戻った。自分の分の浴衣を取りに行くためだ。
当初は自分は着ないつもりでいたのだが、先程の佐伯を見て喜ぶ彼の姿を見て心が変わったのだ。
自分が思っていた以上に浴衣というのは相手に魅力的に映るらしい。
きっと、自分の恋人も同じように反応してくれるに違いないと思い着替えることにしたのだ。
「この分では少し遅れてしまうかもしれないな…」
着替え終わると急いで待ち合わせ場所に向かった。

「すまない、遅れた!」
「いえ全然……」
御堂の声に振り返った長身の男は御堂の思惑通りその姿に見入った。
「孝典さん……すごい…」
「フフッ気に入っていただけたかな?」
「はい!すごい!!孝典さんなんでも似合うけど、和服もすごくカッコイイです!!」
「君の分も用意してきた。着付けよう。」
「ええっ今から!?そんな悪いです。オレはいいですから!」
「今も数人着付けてきたところだ。全く手間ではない。それに…君に似合うと思って見立ててきたんだ。着てくれるだろう、克哉?」
「……はい。」
頬を赤らめて克哉と呼ばれた男は微笑んだ。



「でも着替えるってどこで?」
「ついてきたまえ。」
ずんずん御堂が進んでいった先は待ち合わせた場所から程近い有名デパート。
…の中の試着室が完備されている化粧室だった。
「えっ?えっ??」
「ここなら広いし、鏡も付いているし、誰にも邪魔されないだろう?」
「こんなところで!?」
「そもそも試着室なのだから、何の問題もない。」
「でも二人入ったら狭…」
「いいから!克哉早く服を脱げ!」
「ええっ!?」
有無を言わさず着付けにかかる。流石有名デパートだけあって化粧室ですら高級感があって綺麗だった。
さっさとすばやく着付けていく御堂、あれよあれよとマネキン状態の克哉。
人を着付けるのも本日3人目となれば慣れたものである。
「克哉、次はここを抑えて。」
「はい。…ひゃあ!?」
先程の可愛らしい友人と全く同じ反応だったため御堂は思わず笑い出してしまった。
克哉の方は真っ赤になって抗議する。
「そんなに笑うことないじゃないですか!」
「あはは…すまない。だが克哉、こんなところで変な声を出すな。…我慢できなくなる。」
急に声色が変わり、克哉はより顔を赤くした。
そもそも、最愛の人に着替えさせてもらってるだけで恥ずかしいのだ。
「脱がすのは、後に取っておこう。」
「孝典さんっ…!!」

なんとか着替え終えて全身を確認する。
「うん。よく似合ってる。」
「ありがとうございます。孝典さんと浴衣で出かけられて嬉しいです。」
「私も君の浴衣姿が見られて嬉しい。さあ、行こうか。」



長身の男二人のいなせな浴衣姿に街行く人々の視線は釘付けだ。
そんな視線に優越感と嫉妬の混じった感情を抱きながら御堂は颯爽と歩く。
他愛のない会話をしながら、恋人と過ごせる時間はただ何もせず歩くだけでも心を満たしてくれるのだ、と実感していた。
「わあ!すごい人が集まってる!!」
「いい時間だな。」
「オレ、お祭なんて学生のとき以来です!」
「たまには、こういうのも趣があっていいだろう?」
「はい!」
ふらふらと人ごみを掻き分けながら歩く。
克哉は屋台を見ながら、懐かし~と祭を満喫しているようである。
御堂はフッと視線を通りの反対へ向けると、背の高い眼鏡の男とエンジ色の浴衣を着たカップルを見つけた。
背の高い方は片手で様々な飴を器用に持っていて、エンジの浴衣の子はチョコバナナの屋台の前でどうやら交渉中のようだ。

「ねえ、買ってー!」
「ダメだ!」
「えーなんでー??」
「チョコバナナを食べたらもうキスしてやらない!」
「それはイヤぁ…!!!」
「……買うならチョコパインにしなさい。」
「はぁい!」

交渉成立したらしい。二人は店の中に消えていった。

「あっかき氷…」
横からの声に御堂の意識は引き戻された。
恋人の視線の先には色とりどりのシロップがかかったかき氷が並ぶ。
「買ってこよう。何味がいい?」
「あっオレは……」


何気ないひとつひとつが二人の大切な思い出になっていく。
浴衣が今日を少しだけ特別にする。
夏祭りの夜はまだ始まったばかり。





読んでくださってありがとうございました!!
スポンサーサイト

 web拍手
別窓 | 短編 | コメント:1 | トラックバック:0 
<<見えるぞ!俺にも見える!! | 月夜のお散歩 | 夏祭りの夜>>
この記事のコメント
no.38:
キャラの書き分けできてなくてサーセンw
初他カプ。初みどかつ。憧れのみどかつ。
いろんなところがイメージですみません;試着室のシーンは想像力を働かせてやってください!!
いかがでしたでしょうか?
書いてみたら、一緒に歩くでもカプによって思うところが違いました。
あー夏祭りいきたいね!!
2009-07-20 Mon 20:10 | URL | 伊緒 #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 月夜のお散歩 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。